1日3食しっかり食べることでやせる

1日3食しっかり食べることでやせる

ダイエットを試みている場合、食生活に気を使うことはきわめて大切なことです。

 

まず、食事をする回数についてですが、1日3食しっかり食べるようにしましょう。食事を1度抜けば摂取カロリーが低くなるのでやせそうなものですが、食事を抜くと体が飢餓状態に近くなり、よけいに脂肪やカロリーを吸収しやすくなって太りやすくなります。

 

結局間食をしたり、ドカ食いになったりしがちで、かえって太る原因になります。また、間食はできるだけしないほうがいいのですが、どうしても仕事や友人との付き合いなどで食べないといけないこともあります。そうした場合には、そのカロリー分の食事内容を減らすなどして対処するといいでしょう。夕食に関しては、夜間は昼よりも活動しないものですので、エネルギーが過剰にたまることを防ぐために、腹8分目を心がけるようにしましょう。小ぶりの茶碗にご飯を盛るようにしたり、いつもの皿に2割ほど少なく盛りつけたりするようにすると効果的です。夜は代謝が落ちるため、食べた後で時間を置かずに寝てしまうと、体内に脂肪を蓄積してしまうことになります。理想としては寝る前の2時間には食べないことです。

 

食べ方については、よく噛んで食べることが大切です。早食いすると満腹中枢が刺激されず、食べ過ぎてしまう原因になります。唾液がたくさん出ることによって、消化にもいい影響を与えてくれます。食べすぎを防ぐためには、サラダや煮物などの野菜料理から食べるようにすると、ある程度の満腹感が出るので、そのほかの主食や主菜を食べ過ぎてしまうことを防いでくれます。

 

調理の仕方も大切です。フッ素樹脂加工のフライパンであれば油を使わなくとも炒め物や蒸し焼きができます。電子レンジで熱を通すようにすると、油なしでも食材に熱が通せます。油をカットするためには、ホイルで包んだ蒸し焼きが効果的になります。揚げ物が食べたいときには、肉や魚に少量のパン粉をまぶして、オーブントースターで焼くようにするとカロリーを低くできます。