中華料理の野菜炒めに入っている空芯菜の効能

中華料理の野菜炒めに入っている空芯菜の効能

とても美味しい中華料理の野菜炒め。その野菜炒めによく入っている野菜が「空芯菜」です。

 

 

緑色の野菜で、中が空洞になっていることから「空芯」と呼ばれています。他にも「エンサイ」「エンツアイ」など様々な名前があります。この「空芯菜」あまり日本では有名ではありませんが、中国ではいろんな料理に使われるメジャーな食材です。中国では年中栽培されていますが、10度以下になると枯れてしまうので日本では夏が旬の野菜です。

 

 

空芯菜はビタミンB1やB2をたくさん含んでいます。このビタミンは夏バテに効くのです。夏バテがピークになる8月頃、空芯菜の収穫もピークを迎えスーパー等に並びます。疲れを感じたら空芯菜を食べてみましょう。体が楽になりますよ。また、空芯菜にはβカロチンが多数含まれています。このカロチンには様々な体に対するメリットがあります。

 

 

中でも特に男性に注目してほしいのは「髪の毛を丈夫にする」という事です。私は毎日のように空芯菜を食べていますが、今の所髪の毛にダメージはありません。もちろん個人差はあるでしょうが、髪の毛についてお悩みの方は対策の一つとして検討してみてください。またβカロチンはがんの予防にも役に立ちます。中国ではこれらの機能から空芯菜は簡単なクスリのような扱いを受けているそうです。

 

 

空芯菜は自分で栽培することも簡単です。特に病気や虫について心配はありません。また、脇芽がどんどん伸びてくる野菜ですので、全てを刈り取らず、15センチほど残しておくと長い間収穫することができますよ。そのためには肥料を絶やさないようにしましょう。おすすめ料理はメジャーなのは「野菜炒め」ですが、私が一番お勧めするのは生でサラダに混ぜて食べることです。空芯菜は虫がつかない野菜なので、心配しなくてもサッと水洗いをすることで食べられますよ。しゃきしゃきした食感が素晴らしいです。また、味噌汁に入れるのもお勧めです。たくさんの効能がある「空芯菜」お勧めです。