ちぎって切ってミキサーにかけるだけの野菜スムージー

ちぎって切ってミキサーにかけるだけの野菜スムージー

現在25歳で主婦の私ですが、毎朝欠かさず飲んでいる野菜スムージーがあります。
とってもおいしく、ちぎって切ってミキサーにかけるだけなのでご紹介します。

 

用意するのはキャベツ1枚、レタス1枚、パセリ1株、リンゴ2分の1個、レモン果汁4分の1個分、水100mlです。
作り方ですが、キャベツとレタスを芯ごと1口大にちぎります。

 

リンゴはよく洗い、皮つきのまま1口大に切ります。パセリはよく洗い、細かくちぎっておきます。
あとはすべての材料をミキサーへ入れて、とろとろになったらできあがりです。
味はとっても飲みやすく、飽きがこないし肌の調子もとってもよくなりました。

 

それもそのはず、よく野菜それぞれについて調べてみると、レタスにはビタミンCはもちろん、身体の老化を防いで免疫力をアップさせるカロチンもふくまれており、血液の循環を良くする作用があり、“若返りビタミン”とも呼ばれるビタミンEなども多く含まれているそうです。キャベツには、肌荒れや疲労回復、風邪の予防に効果があるビタミンC、強い骨作りに役立つビタミンKが豊富で、胃潰瘍の予防などに役立つビタミンUも含まれています。

 

パセリには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている野菜で、ビタミンCの量はレモンの2倍だそう。

 

鉄分や食物繊維も豊富で身体の老化を防いで免疫力をあげるβカロチン、糖質の分解を助けるビタミンB1、健康な皮膚や髪を作るビタミンB2などなど、「ハイパー健康食材」と呼ばれているそうです。最後に、リンゴは便秘の改善や高血圧予防などに効果のあるペクチン、塩分を排泄する作用や、利尿作用があり、むくみをかいぜんするカリウム、疲労回復に効果のあるクエン酸、老化の元になる活性酸素の働きを抑制し、肌や皮膚を若々しく保つポリフェノールも含まれています。このように、ちょっと小耳に挟んだスムージーが、良いトコどりのスムージーであったことに大変驚きました。

 

お蔭で不規則な生活で荒れ放題だった肌がツルツルのつやつやになり、お通じも良くなり、夜もぐっすり眠れるようになりました。レタスやキャベツ、パセリを入れるので、青臭くならないかな?と思っていたのですが、リンゴとレモン果汁の甘みが全然気にならなくしてくれていました。